« 時間が早い日曜日 | トップページ | ポッキーの日 »

2008年11月 9日 (日)

安らかに

やっと気持ちも落ち着いてきたので、更新します。

今回はご報告とおじいちゃんへのお手紙です。

 

先日、父方の祖父が亡くなりました。

今年の6月から入院していて、一時は仮退院までできるほど快復していたのに、先月から病状が悪化してしまい、私たちの願いも届かぬまま、突然逝ってしまいました。

75歳。早すぎる別れです。

亡くなる前の晩、弟と会いに行きました。その時が1番辛いときだったそうです。それでも私たちの顔をしっかり見て目を開けてくれました。その時の祖父の手は温かかったのに・・・。

もうお話することもできないなんて、いまだに信じられません。

葬儀、告別式には本当にたくさんの人に来ていただきました。

一見、恐そうなんだけど、話してみるととても優しい人ですよねと、看護士さんも言っていたそうです。祖父の人柄なんだなぁと感じました。

私は全然おじいちゃん孝行できなかった、だめな孫でした。

最後の最後まで病気と闘っていたおじいちゃんです。どうか安らかにゆっくり休んでください。そして、おばあちゃんのこと見守っていてね。

おじいちゃん、今まで本当にありがとう。

 

 

私は元気です。なかなかみなさんの所へもおじゃまできなかったので、近々遊びに行かせてくださいね。

 

|

« 時間が早い日曜日 | トップページ | ポッキーの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事